ブログトップ

a lucky break or tough?

luckybreak.exblog.jp

屈斜路湖   モンカゲロウのハッチと蝉の余韻

6:30起きるのがちょっと遅すぎたか?

車をとめて、早朝の釣りを終えた方に状況を聞くと
4時ころ蝉へのライズが凄かったらしい。
7時頃からはモンカゲのハッチが多く、ダンでは出なかったが
フローティングニンフで釣れたそうだ。
d0112553_19212899.jpg




ワンドの中央でライズが続くが、ダンは喰われていない。
フローティングニンフをキャストするも、無視され続けたので
『シケーダ』をキャストする・・・まったくの無視。

フライの周りで3、4回ライズが続く。
まぁそんなにうまくはいかないかなぁ〜。なんて思いながら
モンカゲイマージャーのクリップルタイプをキャスト。
やっぱり喰ってくれた。
d0112553_19215933.jpg
46cm 連日ボウズ回避で気分が良い。

釣りを初めて30分。目標のモンカゲの釣りが出来たので、
蝉の釣りへと変更。岸際をサイトしながら歩くと・・・。
昨年も同じ場所で会った、紋別地方の方に再会。
今年の情報交換をする。

昨日に比べ反応が悪いので、早めに林道側へ移動。

最初に入ったポイントで1投目にヒット!・・・バラしてしまう。
その後も立て続けにアタックが有り、10分間に4回のアタック!
支笏湖では考えられない反応の良さにビックリ。

今日も鏡の状態の場所は、フライに反応が悪い。
d0112553_19225575.jpg
本物はこの状態では3分と持たない。すぐに鱒のおなかの中へ・・・。

移動中に『鱒や』の橘さんにお会いする。
状況はやはり蝉への反応が良く、
モンカゲの釣りは17日前後から本格化ではないかとの事。

昨日良かった場所では、アタックが小さくフライに乗り切らない。
またバラしたが、ニジマスではなく秘めますが群れているようだった。
スピードのあるジャンプは魅力的だったが、ニジマス、ニジマス。

4時間後最初の場所へ戻り、キャストすると・・・またまたヒットしたが
まったく同じ状態でバラしてしまった。??さっきと同じ魚かな??

イブニングは昨夜と同じ場所へ入る。モンカゲのハッチは有るものの、
強めのだし風で沖へ沖へと飛んで行く。
d0112553_19241553.jpg
ユスリカへのライズが有ったので、アダルトで1本取る。
また小さめのアメマス。

札幌へ帰らねばならない為、早めに19:00終了、

今月はもう休みが無く、モンカゲで最高に楽しい時期に
仕事のため釣りが出来ない。
今回は期待していなかったが、楽しめた2日間だった。
[PR]
by yukky-g | 2007-06-11 19:20 | FlyFishing
<< 屈斜路湖  モンカゲロウピーク 屈斜路湖   モンカゲと蝉 >>