ブログトップ

a lucky break or tough?

luckybreak.exblog.jp

屈斜路湖   モンカゲと蝉

昨夜の疲れからか、目覚めた時は6:30

ゆっくりと準備をして、ポイントへと向う。
気温は低めで肌寒く、まったくの無風でガスがかかっていた。

7:00ポイントへ入るとすぐに数匹のモンカゲのハッチに遭遇。
湖面には次々とダンが浮いてくる。シャックも多いが・・・
・・・ライズはない。
d0112553_21542173.jpg

Mr Y氏に阿寒の状況を尋ねると、芳しくないそう。
モンカゲのハッチがまあまあ有る事を告げると、
屈斜路へ来ることにしたようだ。

8:00過ぎから日が射して来て、蝉が鳴き始めると岸際が騒ぎ始めた。



蝉へのライズを確認し、モンカゲのフローティングニンフを
『シケーダ』に変える。・・・・・・簡単に出て来ちゃったよ。
d0112553_222926.jpg
46cm  アメマス ちょっとスキニー

Mr Y氏がポイントへ到着、2人で蝉釣りを始めた。
すぐに2匹目。
d0112553_224247.jpg
42cm  ニジマス フライを喰えた方の左目が無かった。

間髪あけずにMr Y氏にヒット。
d0112553_2255645.jpg
43~44cm  ニジマス。 銀ピカで奇麗な魚体。
Mr曰く『蝉で釣れると嬉しい』>>まったく同感です。

1時間程でこの釣果、&数多くのすっぽ抜け。
『蝉の釣り』ってこんなに簡単だっけ??

風波が無いため、シビアでは有るが
岸ギリギリで蝉を探してクルージングするニジマスがよく見える。
楽しぃ〜〜!

昼に一度上がり、札幌へと帰るMr Y氏と別れ休憩。

昼食を済ませた後は、林道側へと向う。
南からの風と波で、釣りづらい場所が多かったが
14:00。昨年の秋に『カメムシ』の釣りで入ったワンドが
程よい波で良さそうだったので入る。

2、3投目で『シケーダ』が消える。
アワセた途端にラインが走り出し、バッキングが一気に出て行く。
ラインを回収する間、テンションが何度も途切れたので
諦めながら巻くが、運良くフッキングしている様だ。

しばらくHrady JLH #6のクリック音を楽しんだ後に上がって来たのは
d0112553_22275596.jpg
52cm  ニジマス  JLH #6より大きな尾びれに満足!

その後もアタックは続くがすっぽ抜けばかり。
アワセのタイミングの練習の様だったが、程なくしてヒット。
d0112553_22315159.jpg
42cm  ニジマス  9連チャンのジャンプを見せてくれた。
(冷静に数えていたのは好釣の余裕か)

16:00満足して車に戻るも、イブニングが気になる。
釧路のN氏の車を見つけ、朝と同じ場所へ入る。

モンカゲのハッチもあり、岸近くではスピナーも飛んでいるが、
ワンド中央で繰返されるライズは、ユスリカアダルトへのもの?
シャック付きのCDCユスリカアダルトを結びキャストすると一発で出た。
36〜37cm程のアメマス。今日は出来過ぎ?

N氏のグループでは、モンカゲフライにもアタックが有った様だ。
19:20満足して車へ戻る

夕食後に1杯飲んだらダウン。
明日も寝坊しそう・・・。
[PR]
by yukky-g | 2007-06-10 22:00 | FlyFishing
<< 屈斜路湖   モンカゲロウのハ... 阿寒湖 1時間だけのミッジング >>